本文へジャンプ 
  ホーム 国際交流ボランティア in 高槻市 
   2019/3/10更新
目的

 高槻市及び高槻市近辺に在住する、もしくは勤務先を有する外国人市民に対して日本語学習のお手伝いをし、正しい日本語によるコミユニケーション能力の向上を図り、加えて各種の交流行事を通じて相互の文化を学び合い、相互理解、国際交流を深め、多文化共生の意識を深めること。

 また関連外部団体との関連事業に積極的に参加し、相互支援、協働の街づくりに貢献すること。

第一部はスピーチ大会です。
13人の学習者がそれぞれのテーマでスピーチをしました。
皆さんのスピーチとても素晴らしかったですね。ありがとうございました。

第2部はパフォーマンスです。
初めに日曜日教室Aの学習者と会員の皆さんによるコーラス。
3曲が披露されました。

映像と素敵な照明で「花は咲く」を歌っているところです。

火曜日教室の学習者が、落語劇「ゆうれい屋敷」を演じました。

「ゆうれい屋敷」に行くかどうか相談しています。でも怖いのです。

劇のクライマックス、ゆうれいが出てきます。
ゆうれいを演じた学習者、なかなかの演技力でした。

落語劇、出演者の皆さんです。

学習者による書道体験の発表です。
「富士山」を書いた学習者が字を選んだ理由を説明しました。

「元気」を選んだ学習者の説明です。

「地震」を選んだ学習者の説明です。

「感謝」を選んだ学習者の説明です。

「平和」を選んだ学習者の説明です。

「希望」を選んだ学習者の説明です。

「元気」を選んだ学習者の説明です。皆さんの書と説明良かったですね。

ベトナム学習者による踊り、のびやかでとても明るく軽快でした。

ベトナム学習者によるギター演奏と歌です。
故郷を思い、心から歌っていることが伝わってきます。

大阪大学の留学生(留学生支援グループ)クンジャンさん(留学生支援グループ)のインドの紹介です。

大阪大学の留学生パインさん(留学生支援グループ)のミャンマーの紹介です。

ミャンマーグループの学習者が踊り2曲を披露しました。

踊りが終わったあとの決めポーズです。みんな笑顔が素敵です。

インドネシア学習者グループが2曲歌いました。

伴奏は学習者が担当しました。

同じくインドネシアグループが踊りを披露しました。
笑顔でリズミカル、良いですね。

男性の皆さんも加わって楽しく踊りました。

皆さんでご挨拶。

火曜日教室の先生たちが落語劇「与太郎」を演じました。

なかなかの演技、さすが先生です。

クスクスのOB、タイ出身のパニダーさんが踊りを披露しました。

踊りの名前は「トンウオラシェ」、お祝いの時に欠かせない踊りです。

とても魅力的で素敵な踊りでした。

水曜日教室の学習者と先生たちで阿波踊りを披露しました。

会場の皆さんも踊りに合わせて参加します。

阿波踊りの映像も映写され、踊りも最高潮。

パフォーマンスに参加した皆さんです。

創立20周年記念行事

平成31年2月10日
場所:生涯学習センター 多目的ホール
撮影と写真説明:衣川光宏

普段の生活ではあまり気付けなくても、こんなにたくさんの文化が身近にあるなんて素晴らしい!
それをつくづく実感させてもらえた20周年記念でした(YO)

創立20周年記念行事のDVD
2枚1組で200円 収録時間:1時間45分+1時間59分
希望者は教室責任者に申し込んでください。